女性の性感染症はクラビットで治療しましょう!
お腹の大きな妊婦
睡眠を取る女性

男性と女性で性病の症状に差が出る

腕を組み悩んでいる男女

人間も生物なので性欲を持っているので、自慰や性行為によって性欲を発散させます。
性行為をすることによって感染する性感染症はとても感染力が強く、注意していないとすぐに感染してしまいます。
しかし、男性の性病と女性の性病では症状に違いがあります。
性病の種類によっては本人も感染していることに気付かずに、性行為を行ってしまうことが多いです。

男女によって症状が違う性病として、淋病が挙げられます。
淋病は男性にはっきりとした症状があるので、発見されやすい性病の一つです。
しかし、女性にははっきりとした症状が現れないことがあります。
それによって淋病が重症化してしまうというケースも珍しく無いです。

クラミジアも淋病と同じく女性には症状が現れにくい病気になっています。
自分には何の症状も無いので関係ないと思っている女性でも、実は性病検査を受けてみると感染していることがあります。
実は性病に感染していたどころか、性病の感染源となっているということもあります。

女性の場合は自分で判断するのが難しいこともあり、少しでも異常を感じたら医者に診てもらうことが大切です。
性感染症だとわかった際にどうすれば良いのかというと、女性の場合には婦人科に相談するのが一番です。
男性の場合は泌尿器科に行って、医師に相談しましょう。
恥ずかしいといってそのままにすることなく、性感染症の疑いがある場合にはきちんと医者に診てもらうようにしましょう。

症状が無いからと言って、性感染症を放置するのは大変危険なことです。
そのまま放置することで、菌やウイルスにより症状はどんどん進行してしまいます。
その結果、症状の悪化により早産や流産などのリスクが高まります。
自身やパートナーの健康の為にも、性病の検査はしっかり行いましょう。