睡眠を取る女性
ジスロマック
男性と女性で性病の症状に差が出る

近年流行している性病の特徴として、症状が現れにくいという点があります。
性病として有名なクラミジアは、男性の場合ははっきりと症状が現れることがほとんどです。
しかし、女性がクラミジアに感染した場合、そのほとんどは自覚症状がありません。
他にもHIVも初期には症状がほとんど現れず、進行して悪化するまで判断することは難しいです。
また、今まで比較的症状が目立った性病も全体的に症状が現れにくくなっています。

性病の無症状は、女性の場合に傾向が強くあります。
男性の場合は排尿時に痛みや違和感があることが多いです。
淋病の場合でも女性のほとんどは無症状となっています。

症状が現れないからと言っても、性病が自然に治ることはありません。
女性がクラミジアに感染した場合、無症状のため放置してしまう女性が多くいます。
しかし、クラミジアを放置してしまうと子宮内膜炎や卵菅炎などのリスクが跳ね上がります。
不妊や流産などの原因にもなってしまいます。

また、症状が無いことからパートナーに性病を移してしまう可能性もあります。
知らない間に複数の性病を抱えてしまうと、感染のリスクは数倍にも跳ね上がります。

症状が現れたことにより性病の感染に自覚が出てきた場合は、速やかに病院へ行きましょう。
医者に診察してもらうことに恥ずかしさを感じる人もいますが、そのせいで独断で治療を行うのは大変危険です。
合わない治療薬を服用しても改善にはならず、更に性病が悪化する可能性もあります。

性病の症状が現れたら注意しよう

性病には自覚症状がなかなか現れないものがあります。
それでも多くはデリケートゾーンを中心とした部位の痛みやかゆみが現れます。
また、おりものの量や色、臭いの変化があります。

それ以外にも発熱や下痢、食欲不振や倦怠感といった症状も現れます。
風邪と勘違いするような症状もありますが、それを放置することは非常に危険です。

おりものの色が黄色や緑色になっている場合は、トリコモナス膣炎の可能性があります。
おりものによる刺激で、かゆみや悪臭を引き起こしてしまいます。
また、クラミジアの可能性もあり、子宮頸管に炎症を起こしたときにもおりものが増えます。

性器に痛みや違和感がある場合は、ヘルペスやトリコモナス、カンジダが挙げられます。
ヘルペスにかかってしまうと、潰瘍が再発することでピリピリした痛みが続くことがあります。

尿道から膿が出てくる場合は、クラミジアや淋病などが挙げられます。
クラミジアの場合は透明状態から白っぽい膿が出てきます。
淋病の場合には黄色がかった膿が出ますが、これらには個人差があります。

その他にも排尿時の痛みやかゆみ、不正出血などもあります。
不正出血の場合、必ず治療が必要なものばかりではありませんが、出血だけで危険の有無を判断することはできません。
少しでも身体に違和感を覚えた場合には、すぐに婦人科に受診しに行きましょう。

性病の可能性を高める危険な性行為

カップルにとって性行為は、お互いの愛情を確かめる素晴らしい行為です。
しかし、性行為には常に性病に感染するリスクが付きまとうことを忘れてはいけません。
気付かないうちに性病の可能性を高める性行為をしている場合もあります。

まず挙げられるのが、生理中の性行為です。
妊娠についての配慮が必要ないと思われていることから、通常時と同じように性行為をしているカップルは多いはずです。
生理中の女性の骨盤内はうっ血状態なので、膣も充血しています。
また、普段よりも皮膚や粘膜が傷つきやすくなっているので、刺激による傷から性病のリスクが高まります。
生理中は免疫力が下がっているので、性行為は避けた方が良いでしょう。

近年ではオーラルセックスを行うカップルが増えてきています。
女性誌のアンケートなどでも、ほとんどの女性が経験済みという回答をしています。
口による疑似的な性行為は男性器が当たる部分、喉の粘膜が非常に傷つきやすいです。
そのため、喉から菌やウイルスが侵入してしまいます。

逆にクンニリングスやリミングを女性がされる場合には、女性が性病にかかるリスクは低いです。
しかし、男性側は口の粘膜から病気を貰ってしまう可能性があります。
また、菌やウイルスが口から侵入してしまい下痢や血便などの症状を引き起こす可能性があります。

性行為の際に性病の感染を防ぐ一番の方法は、コンドームを使用することです。
コンドームで性病を完全に防ぐことは不可能ですが、要点を抑えておくことでリスクを軽減できます。
男性器から出るカウパー液にも精液が含まれているので、勃起と同時にコンドームを着用することで性病を防ぐことができます。
多くの男性は本番行為直前にコンドームを着用しますが、これは間違いだと言えます。

また射精後も性行為の余韻に浸るカップルも少なくありません。
性病の観点から見ると、射精後のコンドームは隙間から精液が漏れる可能性があります。
なので、なるべく早い段階でのコンドームの処理が理想になります。